///水色の地球の夢

水色の地球の夢

2018年9月26日の夢日記



マンガ形式の夢。※
一コマしか覚えていないけど、インパクトがあったので。

一ページ全体に、地球が大きく描いてある。
植物の宇宙のようなところに浮かんでいて、とても、とても大きい。

※マンガのコマが視界いっぱいに広がっていて、その世界を体験していると同時に、「マンガを読んでいる」という感覚もある夢。コマからコマへの移動も感じられるが、コマ内部には非常にリアルな世界が広がっている。

普通の地球とは、ぜんぜん違う描き方がされている。
海もなく、陸地もなく。

なぜか、全体が水色に光っている。
綺麗な、淡い水色の、透きとおった物質を、貼り合わせてできている。

見た目は、ちょっと、胚の卵割に似ている。だけど、不気味ではなく。
とても綺麗なので、見とれてしまう。
こんなに変わった地球なのに、(これは地球だ)とすぐ分かる。

この地球は、人類の意識がもっと進んで、戦争や搾取がなくなった地球。
という、マンガの中での説明がある。

何てこった、こんなに綺麗なのか……と、夢のなかで衝撃を受ける(ちょっと一息ついて、御想像ください)。

本当にこの一部分しか覚えていない夢だけど。
その一コマに存在感があった。

日記に書きたかったけど、水色の石の写真を撮ってから上げたいな、と思って。
全部アクアマリンです。



色としては、真ん中の子に近いイメージでしたな。

TAGS: