///ナミビアのアクアマリン

ナミビアのアクアマリン

Beryl, var.Aquamarine
Spitzkoppe, Usakos District, Erongo Region, Namibia
Thumbnail

二個目のアクアマリンです。
かすかに緑がかった水色。
アクアマリンといってもいろんな色合いがあるんですね。
一個目のベトナム産はもっと青っぽかったです。

2センチちょっとの小さな結晶ですが、先端の透明感はすばらしい。
この水色、心がすーっと穏やかになるような。

サムネイルサイズなので、ちょっと持ち歩いて、カフェで眺めたりもしています(^v^)
もちろんケースの中に緩衝材を入れて、です。

池袋ショーの最終日に見つけた掘り出し物。

その記事にも書きましたが、購入の決め手は、上から見たときの結晶ぐあいです。
六方向にきれいに角が落ちていて。
天然にカットされたみたいだなーと。
色がわりと濃かったのも好みです。

ノートの切れはしのラベルは、お兄さんがその場で書いて、ちぎって渡してくれました!

うーん、アクアマリンのすがすがしさ、いいなぁ。
しばらくミネショで探してしまいそう。

それにしても、シンガポールで見た石の写真をみて「あれ素晴らしかったな~」と思っています。あの見ごたえのあり過ぎる大きさ。