///【四コマ】ほら貝パーンちゃん
ほら貝パーンちゃん

【四コマ】ほら貝パーンちゃん

息抜きに、かなりどうでもいいもの描きました。

デーヴァダッタ・パトナーヤク『インド神話物語 マハーバーラタ(上・下)』、沖田瑞穂先生の『マハーバーラタ入門』(勉誠出版)、読んでいます!
前者は上・下巻だけど、コラムなど豊富に入っていて、詳しくてよいのではと思います。『入門』のほうは、世界の神話と比較されているのが面白いですー!

マハーバーラタ本

マハーバーラタの本って絶版が多いので(…)、新刊が出て書店で平積み・面陳されてるのを見ただけで嬉しかったです。
ちゃんと読み終わったら、感想を書きたいな。

下巻p.89を読んでいたら、皆が持っているほら貝にはそれぞれ名前がついている、と。
なるほどなぁ、そういえば原典訳でもやけに誇らしげに吹き鳴らしてたよなぁ、と思って、突発的にiPadで描きました。
日本のほら貝を参考に描いてしまったけど、海外のコンク貝はもっと小さいのかもしれない。

パーンチャジャニヤ(Panchajanya)って舌かみそうな名前ですが、ヴィシュヌ神の四本の腕(手)の一つに描かれる、大事な持ち物なんですよね。

 

おまけ。それにしても描くたびに顔や髪形が変わるなぁ。そろそろキャラ設定作らないと……。

駄々こねそう。
(でも、思いっきり吹き鳴らしてもらうと機嫌がなおるタイプ。『陰陽師』の玄象みたいな)